失敗しないスタートアップにならないために――『Running Lean』著者Ash Maurya来日セミナーメモ

4/03/2017

腕相撲をする店員(セブ島のレストランにて)

自宅の部屋のメモ用紙を整理していたら、『Running Lean ―実践リーンスタートアップ 』という書籍の著者Ash Mauryaさんの来日セミナー時のものと思われるメモが出てきた。

紙だとまた失くしてしまいそうなので、ブログにメモ。



スタートアップを成功させる3つのメタ原則

1. プランAを文書化する
2. プランで最もリスクの高い部分を見つける
3. プランを体系的にテストする
※プランAはリーンキャンバスで一人以上に共有すること

自分自身の中でどれだけ優れたビジネスプランであろうが、文書で見てみたら大したことがない可能性も。ユーザーが喜ぶビジネスモデルかどうか、実現可能性のあるビジネスモデルであるかどうか、文書化して確かめることが大切。


書籍『Running Learn』ができるまで

1. ブログをはじめる

後に読者に本にしたほうがいいと言われる。

2. 課題を理解する

ユーザーインタビューを通じ、UVP(独自の価値提案)を理解する。

3. デモを作成

タイトルと目次を作成。
メアドを獲得し、ニーズの確認。

4. 定性的に検証する

ワークショップの開催、課金。

5. 定量的に検証する

アンケート調査。

6. 出版

学習したことは今でもブログに更新する。


リーンキャンバスの作成ポイント

1. 見込み客を考える

広義の客、具体的な見込み客を考える

2. 顧客セグメントごとにキャンバスを作成する


リーンキャンバスの具体的な作成方法については本書もしくは、ググってみてください。


Twitterやってます:@nuts612


You Might Also Like

0 応援コメント

Instagram